お客様の声VOICE

Voice33 H様(南砺市)

家とは家族を守るお城です


Q:新築されたきっかけは?


店舗と倉庫と自宅が3軒並んでいて、最初は古くなった倉庫部分をリフォームする考えでした。しかし鉄骨造・ブロック造・木造が入り混じって複雑な工事になることがわかり、最後は建て直す方向でまとまりました。
図面の段階で何度も書き直していただき、設計図だけで一年程かかりました。仕上がりをみてから修正をかけた箇所もあったほどですがまさに思い通りの家になりました。

Q:どんな感じの家を希望されましたか?


ここは町屋で日中でも照明が要るくらいなので、リビングを吹き抜けにすることや室内階段をつけることを要望しました。ここを必ず通ることになるので、玄関からの出入りがわかりやすいですね。
両親の寝室の近くにトイレを配置し、将来に備えて車椅子でも入れる広さをお願いしました。

Q:お気に入りの箇所をいくつか紹介してください。


(奥様)
カウンターキッチンは欲しかったですね。さっと料理が出せて、片付けも楽です。
また、二階の書斎ですが、実は私の部屋です(笑)テレビ・パソコン・読書など趣味の世界にゆっくり浸りますが、もちろん主人も入室してもらってOKです。

Q:今後リフォームをされる方へアドバイスするとしたら?


(ご主人)
床暖房はお勧めです、最初センターラグを敷いていたら、設計のMさんから何も敷かない状態で暖かさを実感してくださいと言われました。子どもと遊ぶ、ここが私の居場所です。

(奥様)
打合せとコミュニケーションは大事です。監督さんや大工さんに任せきりで現場を見に行かないのはNG!やはり一生の家だから変更をかけた所が何箇所かありましたが、実際に出来上がりを見ないとわからない。業者さん達に「こういう案もあるよ」という意見が聞けたことは良かったですね。


Q:ご家族にとって「家」とはどういった存在でしょうか。


家族団らんの場所ですね。以前は夕食後すぐにそれぞれの部屋に入りましたが、今は家族の会話が増えました。これからも家族を守らなきゃ…ですね。私にとっての家とはお城かな。
2019.02.28 18:26 | 固定リンク | お客様の声
Voice32 T様(南砺市)

リビングは私たちの最高の居場所


Q:リフォームをされるきっかけは?


3年程前から家族やペットのネコたちと一緒に住めたらいいなと考えていました。

Q:改修された箇所をご紹介ください。


外観、車庫、玄関、居間、寝室、バス、トイレ、ペットの部屋 と大々的に変えていただき、以前の部屋が思い出せないほどに劇的に変化しました。

Q:お気に入りの箇所をいくつか紹介してください。


対面式キッチン、ダイニングテーブル、ソファが全て揃ったリビングが一番気に入っています。アクセントを考慮した壁のクロスにもこだわりました。
カウンターから運ばれた珈琲を窓際でいただくと疲れも癒されます。来訪者から、まるで喫茶店のようだねと言われています(笑)

(長女様)
自室は道路に面していますが、以前は気になった騒音が今は感じません。
ペットの花ちゃんたちも自分らの部屋を気に入っている様子です。

Q:今後リフォームをされる方へアドバイスするとしたら?


ワンフロアーは心地良いですよ。冬は暖房一つで暖かですし、無駄な動きも要りません。
ただ、家具の購入は出来上がってからのほうがいいかもしれません。カウンターができる前に似合いそうな椅子を購入してしまい、ご飯が食べ辛い高さになっています。でもカウンターにすっきり納まりますから結果オーライかもしれません(笑)

Q:これから予定していらっしゃることはありますか?


仕事で一人暮らしの高齢者をサポートさせていただいているので、ここにお招きしてカラオケで歌ったりお喋りしたりできないかと考えています。

Q:ご家族にとって「家」とはどういった存在でしょうか。


私たちの最高の居場所です。

(長女様)
快適で、この家で一生暮らしていけるという安心感があります。これほどきれい好きではなかったのに、部屋をきれいにしておく良い生活習慣もできました。

(奥様)
仕事柄、書き物が多いので、リビングのテーブルで作業します。
「人の役に立つ人間になりなさい」父の教えでもありましたが、直筆の書をながめて生涯現役の心意気でがんばれる住環境ができました。
2019.02.28 17:06 | 固定リンク | お客様の声

- CafeLog -