お客様の声VOICE

Voice8 S様(富山県高岡市)

いつかは建てなければ・・と思っておられたこともあり、ご主人が定年を迎えられたのを契機に実現されました。交通量のある国道沿いながら、屋内に足を踏み入れるととても静かなのは、エントランスが充実しているからでしょう。

奥様の弁・・・・・建築に先立ち、基礎は念入りに行なうことになりました。例えば後ろは川で前は国道なのですが、土地が道路より低いものですから、高さを合わせるために、たくさんの土を入れて(盛土)あります。それによって前庭も木や石を動かさなければならない状況でしたので、前から庭にあった三本の大木や大きな石の移動は本当に大仕事でした。
結局一本がどうしても移動できませんでした。庭木の配置や石の置き方が変わり、同じ木や石でも違って見えるという新鮮さはありますが、まだまだこれから時間をかけて庭造りも愉しんでいきたいと思っています。

建築に際してこれだけは!といったお話はご夫婦でおありでしたか?・・・・・二人ともあまり細かいところは気にしませんでしたが、主人は台風や地震といった自然災害に強い家であれば満足だという方で、あとは信頼して設計士さんにお任せする感じでした。

奥様の家づくりへの思いは?・・・・・ 私は専門的なことはわかりませんが、設計士さんにまったくお任せするより、なにか自分の味も出したいなと考えていましたので、自然の陽光や風通しを生かせるような『シンプルなものに』とお願いしました。

一番お気に入りの場所はどちらですか?・・・・・ダイニングキッチンの吹き抜け天井です。外側はガラス瓦、室内はワーロン紙の格子戸なので、明るいですよ、自然の採光で新聞が読めるのは気持ちいいですね、最高です。いまからの寒い季節には、陽ざしが暖かいのではないかと思います。

この夏はとても暑かったので、緑のカーテンを植えてみようかとも考えましたが、ゆっくりと来夏の楽しみにします(笑)。

【こだわりポイント】
・玄関正面の中庭・・・・・・・・  家の後ろに川があり、昔から川風が涼しいので、設計の段階で玄関の正面に中庭を造り、風の通り道を作っていただきました。
・二つの玄関 ・・・・・・・・・・・・ 日頃は畑から出入りすることも多いので、正面玄関とは区別しました。
・枠の内の再利用 ・・・・・・  先代からの譲り受けた材料を使うことには、むしろ子供たちが賛成しましたね。建具やふすまなども一部再利用しています。
2009.01.27 13:46 | 固定リンク | お客様の声
Voice7 T様 (富山県南砺市)


ご主人は大工さん、奥様はインテリアや雑貨品が大好き、いたるところにアイデアと個性がちりばめられています。

奥様にインタビュー・・・注文住宅のメリットを活かし、とことんこだわったおかげで今すべてに満足しています!
「こんなに自分らしく建てられるものなの?!」と見学に訪れた友達が口をそろえて言いますが、家造りと言うのは「自分たちの思うようにできるんだ」って言うことをメッセンジャーになって伝えていきたいくらいですね(笑)。

担当してくださった設計者、大工さんなどたくさんの方々にお世話になりました。その中で「私たちはこうしたい」と思ったらあきらめずに構想をぶつければ何とか叶うものです。たとえば、当初から一階に拠点を置こうと決めていたので、それにはまず来客とプライベート(生活)部分をきっちり分けたいと考えました。居住と寝室と浴室間の動きを何度もシュミレーションしてみました。

もうひとつ、家事室はぜひ作りたかったので、物干し場をどうするか・・・お風呂から着替えを取りに行き・・・寝るまでの流れを意識した結果、住み心地が良くなりました。

母親ゆずり(華道家)なのか昔から作ることが好きなんです。竹ひご入りの建具(リビング入り口の引き戸)に没頭したり、ステンドグラスの照明やりんごのモチーフは、デザインしたものを友達に制作してもらいました。三日月型のくり抜きドア・階段や梁の雲どりや、きのこどりなどは彼の手作り箇所です。そういった面で自分たちの趣味の延長のような、柔軟で遊び心のある家が出来上がりました。

【こだわりポイント】
・玄関の大きな鏡・・・・・・ 観葉植物と鏡は「幸福な家庭を築きその家の主人が健康で仕事をきちんとこなせる」と風水本にあり、ぜひつけたいと。
・ステンドグラス・・・・・・・・・ デザイン画を描き友達に作ってもらいました。照明器具や家事室のドアのりんごモチーフなど、個性としては良かったと思います。
・暖炉・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 置きたかった物のひとつです。特に主人がそうしたかった!ああ見えて(笑)けっこうおしゃれなんです。
2009.01.26 13:43 | 固定リンク | お客様の声
Voice6 U様 (富山県南砺市)



すっきりときれいにお住まいですね・・・今みんな収納に押し込めましたから。お客さんがみえた時は便利ですよ、隠せますので!収納はたくさん作ってもらったけど、まだあってもいいくらいです。

建築中のエピソードは?・・・台所のカウンターの横には設計の時点で柱が一本あったんですが、大工さんの「構造上からも問題ない」ということで取り去りました。おかげで動きやすく見た目にも広く感じます。休日も一日の大半がここだから、居心地いいってことかな。

概観へのこだわりは?・・・最初はレンガ造りの洋風を考えていたものの、いろんな家をかなりたくさん観て回るうちに、このように落ち着きました。シンプルで飽きのこない感じが気に入っています。で、携帯の待ち受け画面も実は『我が家』です!

今後の計画は?・・・今、和室に似合うテーブルを探しているんです。縁側も気に入ってますので、早く座敷で宴会したいですね〈笑〉

お互いへメッセージを・・・12月に子供を授かりますが、妻はまだ仕事もがんばっています。毎日お弁当を作ってくれるところもうれしいですね。家造りに持ち前のセンスを発揮された奥様からは、「彼はご覧のとおりの明るい性格なので毎日楽しいです」と笑顔がかえってきました。

【こだわりポイント】
・飾り壁・・・・・・・・・・・・ 玄関と寝室など、壁をくぼませて飾り棚に。建築中に遊び感覚で変えてもらった部分のひとつですね。
・バリヤフリー・・・・・・・・ 各部屋からバスルームにいたるまで段差がないところ。将来老後のためと言うよりも掃除がしやすいことが何よりのメリットです。
・屋根のフォーム・・・・・ 正面玄関には屋根雪が落ちない設計になっています。冬場の出入りも安心。大工さんにアドバイスしてもらいました。
2009.01.25 13:27 | 固定リンク | お客様の声
Voice5 K様 (富山県高岡市)



この家を建てるにあたってこだわりをもったところですか・・・話せば長くなりますよ(笑)

うちはダイニングとリビングを兼ねたワンルームが絶対に必要でした。ここは南向きで、あの赤い橋の上あたりから朝日が昇るんです。前方には立山連邦、右手には医王山が見えるんです。元旦は快晴だったので初日の出を見ることができました。また地域の行事のひとつに「鯉のつかみ取り」がありまして、目の前の川で花火が打ち上げられるんですよ。テラスに出てビールを飲む季節も巡ってくるでしょう。楽しみなひとときです。

奥様、システムキッチンの使い心地はいかがですか?・・・先日までは「せっかくのオーブンの活躍がなかなかないね」と主人に笑われていたんですが、パン教室の先生にお願いして友人と一緒にここでパン作りをしました。火力も強いので丁度よい加減に焼き上がり、満足しています。とにかくここでお料理をすると楽しくて仕方ないんですよ。おかげで外食はほんとにしなくなりましたね。娘までもが大阪で珍しい食材を抱えて帰るくらいです。

壁のホワイトがきれいですね、珪藻土とはまた違った質感ですが?・・・帆立貝の殻を砕いて混ぜたもので、吸収性に優れ、においを吸収する、チャフウォールといいます。ただ水周りには弱いので、洗面所と洗濯場以外の壁に使用しています。

【こだわりポイント】
・ダイニングキッチン・・・ 立山を見ながら朝ごはん食べよう!が我が家のモットー。探しあぐねた生成り色のロールスクリーンを巻き上げて、明るいダイニングで朝食、一日の元気をもらいます。
・ダイニングテーブル・・・ 天板は桜の板を3枚接いであり、サイドと足元部分にはステンレスを施してあります。デザインをシンプルにすることで木と金属の融和を愉しんでいるかのような手造りテーブルです。月日をかけ4~5ヵ所探し、やっと金沢で巡り会いました(笑)
・トータルカラー・・・・・・ そして設計士によるアドバイス・・・外観の黒、壁の白、そして・・・「木製サッシは白っぽいナラ材より深みのある桜材(シルバーチェリー)が似合う」を取り入れました。
2009.01.24 13:20 | 固定リンク | お客様の声
Voice4 N様 (富山県南砺市)


表の通りから玄関へ通じるアプローチ越しに中庭が見えるのがこの家の大きな特徴かと思います。

間取りは玄関に向かって、右側が仏間・座敷といった公的なスペース、左側がキッチン・リビングなどの私的なスペースと、町屋住宅の長い敷地をうまく分けることができました。

住んでみて気に入ったところは、例えば二階の和室から窓越しに外を見たとき、青空に映える和風住宅のいくつかの屋根が重なる美しいラインや、北側の窓越しに見える隣り近所の土蔵が連なる風景など・・・他にもいろいろあるのですが、全体として昔の家の風情が今も感じられるのが一番良かったと思います。

【こだわりポイント】
・玄  関・・・ 表通りから少し入ったところに玄関を置くことにより、広々として家の奥までのバランスが良くなりました。
・全  体・・・ 昔の家の風情が今も感じられるように「木」の部分を多くとり大切に考えたところでしょうか。
2009.01.23 13:18 | 固定リンク | お客様の声
Voice3 T様 (富山県南砺市山見)


両親の隣接地に離れのつもりで建てました。ですから床の間や座敷は作らず、リビングや子供部屋をできるだけ明るく暖かく、風通しのよい設計をお願いしました。子供たちは小一と園児、まだ小さいので、しばらくは一緒に仲良く遊ぶことができるように、今は子供部屋の仕切りをなくしています。

おもしろいのが窓の数。下は3枚、二階は6枚の横並びです。風通しもよく、明るいですよ。遊びのある部分です(笑)良かったことはリビングとバスルーム近辺に電気蓄熱暖房機を入れたことですね。リビングでは、目隠しとデスクを兼ねて集成材の天板を置き、すっきりと収まりました。

玄関に一歩踏み入れたとたんに奥様のセンスのよさがうかがわれますが・・・・・正面の飾りは結婚式のブーケを押し花にしてレリーフにしてもらいました。ガラス窓の立体飾りシールは、買い物のついでに「何か面白い物がないかな~」といつも探しているので。あとはカーポートとエクステリアがこれからの楽しみなんです。

【こだわりポイント】

・窓枠・・・ 樹脂サッシの色を窓枠に統一して使用。ベージュ色の桟は室内の明るい色合いともマッチし、結露がつかないことは何よりうれしいですね。

・キッチン・・・ 子供の動きや顔をいつでも見ていたいので対面式を選びました。回り階段の内側は食品庫として、狭いスペースを有効に利用しています。
2009.01.22 13:17 | 固定リンク | お客様の声
Voice2 N様(富山県高岡市)


外観は白を基調としたモダンなデザインなのですが、玄関のドアを開くと、まっすぐに縁側に伸びる広く長い廊下や、壁に組み込まれた神棚が目に飛び込んできたからでしょうか、温かい木の風合いが感じられると同時に気持ちがシャンとするような重厚な佇まいです。

人生を振り返れば、私は家を5回建ててきました。だから今回で5回目です。私の兄弟は8人もいるんです、しっかりやらないと自分がどこに行ってしまうかわからない人生だと考え、一生懸命でした。22歳で土地を買い、26歳で家を建てました。妻とはその3年後あたりに結婚したのかな。
いろんな大工さんや担当者と係わってきたけれど、家造りはまず信頼関係だね。今回もとても良かった。やってくれと頼んだことは、きちっと忠実にやり遂げてくれました。

【こだわりポイント】
・リビング・・・ 壁は珪藻土です。人にやさしいからこだわりました。床暖房があったかいですよ。中庭に面した大きな窓はビル用アルミサッシを使っているので、結露も付きません。また天井を高く取っているので、10畳より広く感じるんです。大きなコタツを置いても圧迫感がぜんぜんありません。
・キッチン・・・ 対面式キッチンは食事をしながらテレビや家族の顔が見えるの楽しいですね。床暖房や電動式スライド乾燥機で快適です。
2009.01.21 11:54 | 固定リンク | お客様の声
Voice1 K様(富山県富山市)


今まで住んでいた木造住宅が結構しっかりとした造りで、格子戸のあるところなど特に気に入っていましたので、当初はリフォームを考えていました。でも冬になるとすきま風が寒くて、いっそのこと建て替えたほうが思い通りの家ができると思い、新築にしました。

新築と決めてから、風水をにわかに勉強しました。間取りを考える上で設計士さんと相談しながら、鬼門を避けたり縁起のいい方位に部屋を作りました。

担当者の方には、いろいろとお願いはしました。例えば主人は、アルミがあまり好きではなかったため、用いるなら軽い感じの物より重厚な良い物に。また、照明もセンスの良い物にしてほしいなど。あと玄関に靴がたくさん脱いであるのが好きではないので、門の正面とサイドからの2箇所に玄関を作りました。私はとにかく収納をたくさん作ってくださいとお願いしました。またキッチンは対面式と決めていました。

【こだわりポイント】
・対面キッチン・・・ 動線が無駄なくつながっているのです。ですから、できた料理はカウンター越しにすぐにテーブルに置かれますし、洗ったお皿は振り向けば後ろの大きな食器収納庫にすっぽり収まります。とても便利ですね。
・玄関・・・ 二つの玄関とも天窓を設けとても明るいことです。風通しもよくなります。
2009.01.20 11:41 | 固定リンク | お客様の声

- CafeLog -