お客様の声VOICE

Voice34 K様(南砺市)

訪れる人も皆、心地いい家に。


Q:新築のきっかけは?


道路新設のためですが、計画を聞いてからおよそ40年ですから、本来ならもっと早い時期に家を建てていたと思います。

Q:思い通りの家になりましたか?


ほとんど後悔のない快適なものになっていますが、唯一書斎をもう少し広くとれば良かったかなぁと思います。

私は台所と居間は、食品の匂いや保存上、仕切ったほうがいいのでは?と思いましたが、オープンにして良かったですね。収納部分が広いので、野菜や梅酒を入れたカートが測ったように納まりました。木目の引き戸を閉めるとリビングの雰囲気を壊しませんでした。
だから言ってるのに(笑)・・・広々がいいと!(ご主人)

Q:建築中のエピソードやアドバイスなどありますか?


階段が上りやすく下りやすいですね、高さが18センチだそうでトントントンと移動できます。

ただお店へ下りる階段は、わずか3段だけのことですが高さ25センチだそうで、少しのことで足に負担がかかるような気がします、大工さんの「段差を増やして低くすれば」と言われたことを聞くべきだったと思います。

Q: ブティックも新装開店されましたが、今後のご予定はありますか?


今までのお客様同様に、若い方にも来ていただけるような店づくりをしていきたいですね。

Q:ご主人にとっての「家」とは?


家とは「住む処」、快適であってほしいし、訪ねて来る人達も気持ち良く過ごせる場所であってほしいので、玄関からスロープを付けて車椅子でも居間に来てもらえる造りになっています。遊びに来た家族はお風呂が気持ちいいからと入浴して帰ります。

Q:奥様から旦那様にメッセージを


ここが最後の住処となりますが快適です。お互いに健康で過ごしましょう。
2019.09.19 17:45 | 固定リンク | お客様の声
Voice33 H様(南砺市)

家とは家族を守るお城です


Q:新築されたきっかけは?


店舗と倉庫と自宅が3軒並んでいて、最初は古くなった倉庫部分をリフォームする考えでした。しかし鉄骨造・ブロック造・木造が入り混じって複雑な工事になることがわかり、最後は建て直す方向でまとまりました。
図面の段階で何度も書き直していただき、設計図だけで一年程かかりました。仕上がりをみてから修正をかけた箇所もあったほどですがまさに思い通りの家になりました。

Q:どんな感じの家を希望されましたか?


ここは町屋で日中でも照明が要るくらいなので、リビングを吹き抜けにすることや室内階段をつけることを要望しました。ここを必ず通ることになるので、玄関からの出入りがわかりやすいですね。
両親の寝室の近くにトイレを配置し、将来に備えて車椅子でも入れる広さをお願いしました。

Q:お気に入りの箇所をいくつか紹介してください。


(奥様)
カウンターキッチンは欲しかったですね。さっと料理が出せて、片付けも楽です。
また、二階の書斎ですが、実は私の部屋です(笑)テレビ・パソコン・読書など趣味の世界にゆっくり浸りますが、もちろん主人も入室してもらってOKです。

Q:今後リフォームをされる方へアドバイスするとしたら?


(ご主人)
床暖房はお勧めです、最初センターラグを敷いていたら、設計のMさんから何も敷かない状態で暖かさを実感してくださいと言われました。子どもと遊ぶ、ここが私の居場所です。

(奥様)
打合せとコミュニケーションは大事です。監督さんや大工さんに任せきりで現場を見に行かないのはNG!やはり一生の家だから変更をかけた所が何箇所かありましたが、実際に出来上がりを見ないとわからない。業者さん達に「こういう案もあるよ」という意見が聞けたことは良かったですね。


Q:ご家族にとって「家」とはどういった存在でしょうか。


家族団らんの場所ですね。以前は夕食後すぐにそれぞれの部屋に入りましたが、今は家族の会話が増えました。これからも家族を守らなきゃ…ですね。私にとっての家とはお城かな。
2019.02.28 18:26 | 固定リンク | お客様の声
Voice32 T様(南砺市)

リビングは私たちの最高の居場所


Q:リフォームをされるきっかけは?


3年程前から家族やペットのネコたちと一緒に住めたらいいなと考えていました。

Q:改修された箇所をご紹介ください。


外観、車庫、玄関、居間、寝室、バス、トイレ、ペットの部屋 と大々的に変えていただき、以前の部屋が思い出せないほどに劇的に変化しました。

Q:お気に入りの箇所をいくつか紹介してください。


対面式キッチン、ダイニングテーブル、ソファが全て揃ったリビングが一番気に入っています。アクセントを考慮した壁のクロスにもこだわりました。
カウンターから運ばれた珈琲を窓際でいただくと疲れも癒されます。来訪者から、まるで喫茶店のようだねと言われています(笑)

(長女様)
自室は道路に面していますが、以前は気になった騒音が今は感じません。
ペットの花ちゃんたちも自分らの部屋を気に入っている様子です。

Q:今後リフォームをされる方へアドバイスするとしたら?


ワンフロアーは心地良いですよ。冬は暖房一つで暖かですし、無駄な動きも要りません。
ただ、家具の購入は出来上がってからのほうがいいかもしれません。カウンターができる前に似合いそうな椅子を購入してしまい、ご飯が食べ辛い高さになっています。でもカウンターにすっきり納まりますから結果オーライかもしれません(笑)

Q:これから予定していらっしゃることはありますか?


仕事で一人暮らしの高齢者をサポートさせていただいているので、ここにお招きしてカラオケで歌ったりお喋りしたりできないかと考えています。

Q:ご家族にとって「家」とはどういった存在でしょうか。


私たちの最高の居場所です。

(長女様)
快適で、この家で一生暮らしていけるという安心感があります。これほどきれい好きではなかったのに、部屋をきれいにしておく良い生活習慣もできました。

(奥様)
仕事柄、書き物が多いので、リビングのテーブルで作業します。
「人の役に立つ人間になりなさい」父の教えでもありましたが、直筆の書をながめて生涯現役の心意気でがんばれる住環境ができました。
2019.02.28 17:06 | 固定リンク | お客様の声
Voice31 K様(南砺市)

家族が帰りたくなる家

Q:床暖房で足元があたたかいですね、住み心地はいかがですか?

初めての冬を迎えますが、快適過ぎてずっとモデルハウスに住んでいるみたいで、まだ落ち着かないんですよ(笑)

Q:天窓がワンフロアに4つもあるなど、とてもおしゃれなデザインですね。

設計士さん達が明るさをふんだんに取り入れた構造と、女性目線に立った情報を提案してくださいました。さらにY監督がそのアイデアを現場で的確に指示し、そのとおりの形に出来上がっていくという連携で満足のいく家になりました。

Q:お気に入りの箇所をいくつか紹介してください。

・和室の上部の仕切りにアクリル板を使い圧迫感を感じさせないところ。
・傾斜を利用した天窓の明るさ・暖かさ・デザイン性といった効用。
・スイッチオンで一日の終わりをほっとした気持ちで迎えることができる居間の間接照明、目にも優しい灯りです。
・家事室の洗濯機終了音が居間で聞こえ、タイミングを外すことなく干せること。
・食器棚だと感じさせないように、居間の棚と同じ流れでキッチンに続いている収納棚。

Q:今後新築を考えている方々へのアドバイスを

マグネット式の壁がお勧めです。薄い鉄板の上にクロスを貼ってあるので一見普通の壁に見えますが、子供の行事や仕事の予定をマグネットで止めることができます。
家が広くなった分片付けが大変になるかと思いましたが、収納のアイデアひとつで家事のストレスが全くありません。

Q:奥様から一言

「帰りたくなる家」に出来上がりましたし、主人も家にいる時間が長くなりました。
この家で家族の時間をますます大切にしたいと思います。

Q:ご主人にとっての「家」とは?

ある意味スタートラインです。あくまでも家は外身で、そこから中身を作っていく。
家族で年数を重ねてそれが馴染んでいって、いつがゴールかわかりませんがそれを目指す家、それが私にとっての家です。
2017.11.18 14:26 | 固定リンク | お客様の声
Voice30 T様(魚津市)

「シンプルで導線がつながる家」



Q:家を建てようと思われたきっかけは?

今まで市営住宅にいましたが、子供たちも2年生と年中と大きくなったのをきっかけに一軒家に住みたいと考えました。



Q:どのような家を希望されたのでしょうか

まずはシンプルに。次に導線の繋がる家に。

たとえば玄関からリビング、キッチン、浴室、トイレへと一つに繋がるようにと希望しました。同居の母が行ったり来たりしなくても、最短の距離で行けるという配置に満足しています。



Q:お気に入りの箇所をいくつか紹介してください。 

ご主人:ブラインドの色とデザインが落ち着く・玄関の網戸で夏は風通しが良かった・ペアガラスで外からの音を遮断できる等いくつかありますが・・・

奥 様:システムキッチンのIHが3つ横並びなのは珍しく、使い勝手がよく気に入っています。子供達は畳が居心地良いようで、おばあちゃんのお部屋が好きと言っています。



Q: トイレのクロスが斬新で目を惹きましたが。

ときめきました!これしかないと。友達にも斬新やね、いいねと言われました()



Q:建築中のエピソードはありますか?

建築がかなり進んだ時期になって、スピーカーの線を見えないようにしてもらえないかとお願いしたところ、「何とかします」と快く対応してもらいました。A監督に完成まで親身に相談に乗ってもらえたことに感謝しています。



Q:ご主人にとっての「家」とは一言で言うと

「夢の一つ」ですね、それが叶った。向上する気持ちをいつも持ち続けたいと思っています。



Q:お互いへメッセージをお願いします。

ご主人:がんばって美味しいお料理を作ってください。

奥 様:がんばります

2017.09.17 14:26 | 固定リンク | お客様の声
Voice29 H様(南砺市)

「お互いの暮らしを優しく彩る、家族とペットが住みやすい家」


Q 家を建てようと思われたきっかけはありますか?
将来的に親との同居を考えていたのと、アパートの更新や子供の成長につれてちょっと狭いかなと思ったのがきっかけです。
  


Q どんな家を希望されましたか?お二人の意見は合いましたか?

それが全然合わなくて()


Q 具体的にはどう合わなかったのですか?

ご主人:私はウッディな感じを出したかったです。

奥 様:私は白を基調にした明るい家になればと思いました。



Q どう折り合いをつけられたのでしょう。

結局彼女のセンスの良さを活かしてクロスは全て選んでもらいました。二階のアクセントクロスは友人たちにもナイスチョイス!と言ってもらえました。

ぼくは木で違い棚を手作りし、ネコの登り道として壁に据えました。日々高窓から外の景色を楽しんでいると思います。併せてドアの開閉を気にしないネコ専用の通路も設けました。
 


Q ご主人のこだわりですね、他にお気に入りの箇所をご紹介ください。

奥様:いろいろありますが、ペレットストーブ・キッチンのアクセントタイル・食卓のペンダントライトなどでしょうか。ライトの中を季節ごとに入れ替えていきたい・・今は夏バージョンなので、秋用にハロウィン感を出したいと考案中です。

  

Q 今後予定していらっしゃることはありますか?

ウッドデッキを作りたいですね。
 

Q ご主人にとって家とはどういった存在でしょうか。

私の「原動力」です。子供と家族を守る、家があるからこそ頑張れると思います。
 

Q では最後にご主人から奥様へ贈る言葉をお願いします

家と一緒に思い出をたくさん作っていきましょう。
 


Q 奥様からも一言

家族みんなが安らげる場所でありたいと思います、これからもよろしくお願いします。

2017.09.16 14:24 | 固定リンク | お客様の声
Voice28 A様(小矢部市)

コンセプトは「シンプルな白系」
 
晩秋の夕飯時、扉を開けると満面の笑みでお子様たちが出迎えてくださいました。真っ先にとてもあたたかいご家族だと感じました。
ご主人は建設会社にお勤めで 『知恵と技を武器に、常に創造性を発揮する世界』 で頑張っていらっしゃいます。
 
Q 家を建てようと思われたきっかけはありますか?
 
結婚後は両親と同居していましたが、5、6年過ぎてそろそろ自分たちの家を作りたいと考えました。
 
Q 新築されるにあたり、これは!といったご要望はありましたか?
 
奥 様:キッチンを対面式にすることと広々としたアイランドは譲れない!と思いました。
ご主人:仕事がら建築に関しては大体わかっていますが、基本はシンプルな白系で統一したかったので、クロス屋さんに相談してお勧めのものを選びました。
 
Q 具体的にはどんなものですか?
 
年数が経っても割れにくく丈夫な厚めのクロス材です。
 
Q お気に入りの箇所をいくつかご紹介ください
 
やはりリビングとキッチンですね。二階のトイレのモノトーン柄のクロスや、今はワンフロアの子供部屋ですが、成長に応じて仕切れるところも気に入っています。
 
Q 特にこだわったというところはありますか?
 
階段の位置です。二階の部屋に行くときは、必ずリビングを通るという間取りです。外から帰った子供たちの顔をいつも見守ることができ安心できますから。
 
Q これから家を建てる方に参考になる一言をお願いします。
 
打ち合わせにゆっくりと時間をとることでしょうか。我が家も2年ほど前からモデルルームを見学して夫婦で話し合いました。こだわった階段のイメージは、見てきたものを設計担当者に伝えて取り入れてもらいました。
 
Q ご主人にとって家とはどういった存在でしょうか。
 
家とはいろんな意味での宝物です。長い期間払うべきものも生じましたし・・・。
 
Q では最後にご主人から奥様へ贈る言葉をお願いします
 
家を大事に、家族共々健康で明るい家庭を作っていきましょう。
 
Q 奥様からも一言
 
私も同じ思いです、いつまでも仲良く暮らしていきましょう。
2016.11.25 14:23 | 固定リンク | お客様の声
Voice27 南砺市N様ご夫妻

晩秋の午後、勤務がお休みのN様邸を訪問させていただきました。

Q: リフォームされた箇所や良かった点を教えてください。

居間、座敷、台所、風呂場、トイレなど改修しました。今まであまり使っていなかった床の間を広げて居間にしました。座敷はそのまま隣へ移したという感じです。

Q: ダークブラウンとオフホワイトのイメージは最初からありましたか?

前の台所の床もこの色で、同じ色合いがいいだろうと。床の色が決まると壁は白でと二人で自然に決まりました。T監督からは素足でもさらっとした感触の材質にしましょうと提案がありました。やはり落ち着きます。

Q: 工事中のエピソードはありますか?

断熱に関してですが、今までは横壁の断熱は充分ではなく、あらたに全部敷き詰めることができるかどうか難しいところでしたが、翌日には断熱材がびっしりと敷き詰められているということがありました。寒い今の時期でもストーブひとつで充分暖かいです。監督からは工事中何かにつけ親身にアドバイスをいただき満足しています。
例えば
・設計図を3案作り、自分たちの好みで選ぶことができるようになっていた。
・窓枠を二重サッシにする。
・材質の良い床柱は再利用する。
・システムキッチン上に間接照明を付け、明るさとアクセントを付ける。
・収納箇所を多めに設けるなど。
予算内に収めるためにいろんなアドバイスも受けました。

Q: 奥様、対面式キッチンの使い勝手はいかがですか?

とてもいいです。今までは一人で台所に立つのがおっくうに感じる時もありましたが、いつもくつろいでいる場所になったので、すぐにお茶!を入れるのも楽になりました。(笑)

本当は独立した息子たちがいる間にしてあげれば良かった・・と思いましたが、これからお嫁さん達とお料理を作ることもあるかなと・・・。工事中のことを考えると、二人になったから実行できたのかもしれません。

Q:ご主人からあらためて感想を一言

今までは台所から遠い茶の間に居たので、帰宅して会話もないまま食事ができるまで離れ離れでした。
今は夫婦の会話が多くなりましたね。こうした空間ができただけで、生活のスタイルが変わったなと感じています。
2014.11.07 14:21 | 固定リンク | お客様の声
Voice26 H様(砺波市)

コンセプトは 「外に閉じる、中に開く。」

昨冬オープンハウスで地域の内外から多くの方が見学されたお宅です。
季節は巡り・・・玄関から見渡せる中庭や回廊のお花に春を感じ癒されます。

Q 建替えをされるに際して、きっかけなどはありましたか?

私も年をとってきて階段を上るのが苦になりはじめたことや、母親も年ですし・・。
消費税の関係もありますが、一番の理由は自分の仕事を形で残したいと考えたことでしょうか。
家族の理解が大きかったですね。

Q まずはどのような家にしようと思われましたか?

築40年の前の家が広く、あまり使っていない部屋が多かったので、コンパクトで人の視線を気にせずに居られる家にしようと思いました。「外に閉じる、中に開く。」といいますか。

Q 設計というお仕事柄、随所にこだわりが見受けられますが・・・

私が気にかけたのは、リビングの窓の高さを抑え、目線を下げたところです。和室に入る空間を下げたのと同じ高さにしてあります。仏間でもあり気持ちを新たにして部屋に入るという所作で趣を変えてみました。

Q 特に気に入っていらっしゃるところはありますか?

ご主人: 屋根環境をきちっと採っているところです。断熱構造を用いて、
屋根裏を軒裏から外へ空気が流れるようにしてあり、室内の保温や結露防止に
有効なシステムとなっています。
またパティオという空間を作り、中庭からでも各部屋に入室できるところは
気に入っています。

奥様: 私は台所のカウンターが重宝しています。料理など仮置きして運べるのが便利です。
また断熱をきっちり整えてあることやシーリングファンで空気を循環させているからか、
この冬の暖房費が控え目だったことはうれしいですね。

お母様: 道路沿いの家なので以前は騒音がありましたが、複層ガラスの効果で車の音もほとんど聞こえず、日中は外から中が見えないところが気に入っています。
少し前は、山茶花の赤、ピンク、黄色が和紙のようにかわいい花を咲かせてきれいでしたよ。
リビングのこの場所が一番好きで癒されます。
今からはゴーヤや朝顔のつるを伸ばしたいですね。

Q 弊社に一言いただけますか?

施工管理がしっかりしている。現場に張り付いてもらえる。
木工事が得意という点でおさまりを描いていただける。大工さん達も良かった。
要望に応え細かいところまで丁寧な仕事をしていただけたと思います。
2014.04.22 14:21 | 固定リンク | お客様の声
Voice25 Y様(南砺市)

家とは笑顔が生まれる居場所です

スープの冷めない距離・・と一般に言われますが、今回ご紹介するお宅はご主人のご両親が二世帯同居で住まわれている敷地内に建築、まさにスープが熱々のうちにいただける程のアットホームなお宅なのです。

Q 建てようと思われたきっかけはなんでしょうか

今までアパートに住んでいましたが、将来的に月々の家賃を支払うより、若いうちに家を建ててローンを組んだほうがいいのではないかと考えて検討した結果です。

Qまずはどのような家を建てようとイメージされたのですか?

妻は吹き抜けとリビング内にある階段にこだわりました。
私は展示会場で見た現実とはちょっとかけ離れた設計より、実用的な家がいいなと思いました。例えばリゾートチックな雰囲気や大きな窓でなくてもいいかな・・というように。

Q気に入っていらっしゃる箇所をいくつか教えてください

奥様: リビング内の吹き抜けや階段はもちろん気に入っています。他にはアイランド型のシステムキッチンがとても便利です。まだ料理経験が浅いので、主婦歴の長い母の薦めも参考にして選びました。トリプルIHは横並びに3か所で調理ができ、手前のスペースで広々と作業できるんです。

ご主人: リビングのクロスは明るいベージュ色にして、壁掛けテレビの後ろだけ落ち着いたグレーにしたところが気に入っています。併せてテレビの上に3ヵ所のスポットライトをつけた点がポイントです。

実用的な面では、天井に数ヵ所 間接照明を埋め込みました。このライトがリビングを温かい雰囲気にしてくれていると思います。

Q建築中のエピソードはありますか?  

ある程度工事が進まないとわからないこともありましたね。たとえば洗濯室のコンセントが除湿機用にもう一つ要ることが後でわかり追加したり、二階の書斎は収納のクロゼットだけのつもりでしたが、出来上がってみると奥までのスペースが結構あるので、途中から棚やテーブルをつけていただき私の書斎ができました。

一人になりたくなったら籠ろうと思います(笑)

Q 住まれてからこうした方が良かったかな、という部分はありますか? 

挙げるとすれば家の外観ですが、全体の色を決めるのはサンプル素材だけではつかめない部分がありますね。最終的に黒とメタリックシルバーのコントラストをあしらったのですが、シルバーが自分で思ったほどキラキラしていなかったので、この色なら全面黒にしても良かったかな?とも思いました。

Q 今後予定していらっしゃることはありますか? 

バーベキューができるようなベランダとかデッキがあるといいいですね。

Q 最後にご夫婦にとっての家とは? 

去年は一年間アパートに住んでいましたが、その頃よりも笑顔が増えましたね。広々とした環境になり、自分にゆとりができたのかと思います(ご主人)

子供が動き回れるほど住みやすくなりました。成長に併せて家を建てられたので良かったと思います(奥様)
2014.02.25 14:19 | 固定リンク | お客様の声

- CafeLog -