行事報告EVENT

平成25年度 タカハタ工業安全大会 開催
平成25年度 7月1日 越中一の宮 高瀬神社にて
恒例の安全大会が開催されました。

《第一部》 安全祈願祭
まずは今年一年の安全を全員で祈願しました。
社員、高和会、造作部会、新潟高和会を合せて100人の参加でした。
ご多用の中、皆様ありがとうございました。




【玉串奉奠】
高畑社長、宮脇会長(高和会)

竹本会長(造作部会)、長谷川会長(新潟高和会) 
     

《第二部》 安全大会


【高畑社長挨拶】
奇跡の一本松が有名になった陸前高田での話を伺いました。
当時両親ともに亡くなられた子供は25人、
お父さんかお母さんが犠牲になられた方が150人、とても
胸が痛みます。
 しかし今、子供たちの顏は皆明るい。
つらいのは自分だけではないということを知っているから。
心底強い。
命の大切さを今一度かみしめ、一人ひとりの安全意識を高めて
仕事に携わっていただきたいと思います。

【宮脇会長(高和会)挨拶】


今後はさらに暑い日が続きます。予防策の一つとして
会社内はじめ各現場で「塩飴」の常備をします。熱中症にかからないように、
十分な準備と対応の上、作業にあたってください。

【竹林建築部長より報告】


快適な職場環境を作るための一つとして5S運動(整理・整頓・清掃・清潔・しつけ)
などを紹介し、タカハタ工業の安全衛生に対する取り組みを、パワーポイントを使って
説明しました。

【安全表彰】
※安全衛生管理に関する基本方針
・事業主現場パトロールによる不安全行動撲滅。
・リスクアセスメントと現地KYによる危険因子の除去と作業手順の確認。
・運転ルールの遵守に貢献された皆様です。


 ㈱キタダ    雨森 敬二 様 

たけだ建築   端保  豊 様

(有)長谷川住建  本田 明法 様 (長谷川社長が代理受賞)

【安全宣言】


野村木材株式会社 野村 昌浩 様

平成25年度安全大会にあたり、全国安全週間のスローガン
『高めよう一人ひとりの安全意識 みんなの力でゼロ災害』
のもと、我々取引業者一同は、『ゼロ災害』を達成するため

①自社だけでなく現場すべての作業員に「安全基本行動」を実施させる。
②事業主自らが現場を確認し、対話とコミュニケーションを図って
安全で快適な現場環境を形成する。
③作業手順とKY活動に「リスクアセスメント」を活用し、
「安全に働く」を実践する。

を重点に、安全に働くことが家族の安心であることを再認識し、新たな決意で、災害防止に
取り組むことをここに宣言します。
 

【講演】


休憩の後、整理収納アドバイザーの香田佳江さんに整理整頓のポイントと改善策を
伝授していただきました。
香田さんは、整理収納に関する各種資格を取得し、顧客に寄り添う感性と
ずば抜けた洞察力が評価され、整理収納アドバイザーフォーラム2009で
グランプリを受賞されました。
演題は『整理は安全の基盤~物の整理・心の整理』です。


整理整頓されていないと・・・
効率が悪い、イライラする、余裕がない、無駄なものを買ってしまう、危険、脳が混乱する、意欲がなくなる、家庭に人を呼べない、安らげない。

整理整頓ができているとどのように違ってくるでしょうか?
これが同じ部屋だとは驚きます。



意欲が出る、見えてくる、気づく、探すのに時間がかからない、
美しいことは快適なので心の余裕を生む。

ではどうやって整理すればよいか
不要なものは取り除く(捨てるかグレーゾーンに)=使っているものだけにすること。
目的別にグループを作るなど。


なるほど・・・

格言 ・事故は百害あって一利なし、整理は百利あって一害なし。
    ・整理無くして安全はない
    ・安全こそ信用の基盤
    ・急がば回れ(面倒なようで整理は効果絶大!)

整理と安全は幸せの基盤
    ・物の整理は頭と心の整理
    ・事故を防ぎ、時間、費用、労力を仕事につぎ込みましょう!

【中村常務取締役より閉会の辞】



企業もまずは整理整頓、環境を整え一人ひとりがしっかりと誠実に
仕事をこなすことが大切。
お客様はどんな理由で企業を選ばれるのか、
誠実な対応で自分に良くしてくれたなど、
その時の対応や会社の姿勢で選ばれるのではないでしょうか。
今後も目前の仕事に対して、皆で誠実に取り組んで行きましょう!
2013.07.04 19:55 | 固定リンク | 行事

- CafeLog -